読みもの

シミ対策に摂るべき食べ物・栄養

読みもの知る・楽しむ

読みもの_シミ対策に摂るべき食べ物・栄養_トップ

 

シミ対策に摂るべき食べ物・栄養

はじめに

毎年暖かい季節がやってくると気になるのが紫外線とシミ。化粧品やサプリメントでUVケアをするだけでなく、体の内側からシミ対策によいとされる食べ物や栄養を摂って、日差しを楽しめたら気持ちいいですよね。今回は体の内側からできる手軽なケアについて紹介していきます。

シミ対策は体の内側から

シミ対策と聞いてまず思い浮かぶのは、美白化粧品やUVケアアイテムなど体の外側をケアするものがほとんどではないでしょうか。でも最も大切な対策方法は体の内側からケアすること。紫外線や女性ホルモンなどの刺激誘引物質が表皮細胞(ケラチノサイト)に働きかけると、色素細胞(メラノサイト)の活性化因子であるプラスミンなどが産生され、やがてメラノサイトからメラニンが生成されます。
メラニンは紫外線やさまざまな刺激から細胞を守るために産生されるもので、体にとっては必要な物質ですが、過剰に作られると表皮細胞に溜まって色素が沈着し、シミとなります。
UVケアアイテムを使うことで外側からのシミ対策は可能ですが、原因物質まで除去することはできません。肌をよい状態に整えるためにも体の内側からのケアが大切になるのです。

シミ対策に摂るべき食べ物・栄養

読みもの_シミ対策に摂るべき食べ物・栄養_成分

ビタミンA

抗酸化ビタミンであるビタミンAは、メラニンの生成促進作用をもつ活性酸素を抑える効果が期待できます。かぼちゃ・トマトなどの野菜類にビタミンAが多く含まれています。

ビタミンC

ビタミンCはメラニンの産生を抑えるだけでなく、酸化した黒色メラニン色素を還元する働きもわかっており、シミを薄くする効果が期待されています。ビタミンCの大きな役割の一つはコラーゲンの生成をすることで、その他にも植物性食品から鉄の吸収を促したり、病気から身体を守るために免疫系の適切な働きを助けるなど、美容や健康にとって大切なビタミンです。
ビタミンCが多く含まれる食べ物としては、レモン・アセロラ・キウイ・イチゴなどの果物類、ブロッコリー・ピーマン・ゴーヤ・ほうれん草などの野菜類が挙げられます。

ビタミンCは水溶性で食材を水にさらすだけでも溶け出してしまうので、生食の場合はサッと洗って食べるのがオススメです。加熱する場合は、煮汁などに栄養が溶け出しているので汁も一緒に食べられる料理がよいでしょう。
ビタミンCと聞いて思い浮かべることの多い柑橘類。オレンジやグレープフルーツなどには、紫外線に対する感受性を高める作用があるとされている成分も含まれてるため、食べすぎには注意したほうがよいかもしれません。

ビタミンE

抗酸化作用のあるビタミンEは活性酸素を抑える働きがあります。抗酸化によって自ら酸化するとビタミンEは壊れてしまいますが、ビタミンCによって再活性化されるため体内であまり減らないのが特徴です。ビタミンEが多く含まれる食べ物は、アボカドや蕎麦などです。

ビタミンAとビタミンEは脂溶性のため、油と一緒に摂取すると吸収率が良くなります。食用油の中でも、こめ油にはビタミンEとスーパービタミンE(トコトリエノール)が多く含まれています。ビタミンAやEが含まれている緑黄色野菜などの食材とこめ油を一緒に炒めて食べるとよいかもしれませんね。ただし食べすぎには注意しましょう。

L-システイン

L-システインは体の内側から代謝を促す働で、肌のターンオーバー正常化を助けてくれるだけでなく、抗酸化作用も持っています。紫外線やストレスなどで生じた活性酸素は、増えすぎると細胞にダメージを与え、肌トラブルなどにつながります。L-システインはその活性酸素を除去して、ターンオーバーを整えることで肌トラブルを改善するのです。
L-システインが多く含まれる食べ物は、大豆や小麦、かつお節などです。しっかりと栄養を摂ることで肌のターンオーバーを正常化し、健やかな肌を目指したいですね。

規則正しい生活習慣も大切

読みもの_シミ対策に摂るべき食べ物・栄養_生活習慣も

バランスのよい食事はもちろん、サプリメントやUVケアアイテムなどでシミ対策を行うのも大切ですが、肌のターンオーバーを整えるためには規則正しい生活も大切となります。十分な睡眠をとって適度な運動をすることでホルモンバランスが整い、ターンオーバーが正常になります。
前段でご紹介したビタミンCは、タバコから体内に入ったニコチンによって破壊されてしまうため、喫煙にも気をつけましょう。カフェインも摂りすぎるとメラニンの増加につながる恐れがあるので、肌の調子が気になるときはコーヒーや紅茶などのカフェイン飲料は控えめにした方がよいかもしれません。
また、ストレスも肌に悪影響を与えるので、ストレス発散になることを見つけることもオススメです。健康的な規則正しい生活習慣を送って健やかな肌を目指していきましょう。

美容や健康にオススメのアイテムをご紹介

ビタミンEが豊富に含まれる「こめ油」

ビタミンEが豊富に含まれる「こめ油」
米ぬか・米胚芽由来の栄養成分を含む健康的な植物油がこめ油。抗酸化力の高いビタミンEや、スーパービタミンEと呼ばれるトコトリエノール、お米特有の栄養成分 「γ-オリザノール」などが他の食用油よりも多く含まれています。とくにトコトリエノールはビタミンEの約50倍の抗酸化作用を持っており、他の植物油よりも含有量が多いのはうれしいポイント。γ-オリザノールはメラニンの生成を阻止する働きもあると言われているため、健康だけでなく美容のためにもオススメです。

米ぬかスキンケアinaho 美容オイル

米ぬか由来のコメ胚芽油がベースのinaho 美容オイル。コメ胚芽油には「γ-オリザノール」がふくまれており、普段のお手入れにプラスすることで肌のキメを整えて、透明感とハリのある素肌へと導いてくれます。肌荒れ予防にもオススメの化粧油です。

まとめ

紫外線の多い時期になると、UVケアアイテムできちんと対策をしていてもシミにならないか不安ですよね。日々のシミ対策として体の外側からの対策はもちろん、内側からの対策として、普段からバランスのよい食事を意識し、規則正しい生活習慣を送ることも大切です。しっかりシミ対策をして、素敵な肌を目指していきましょう。