こめ油を使ったレシピ

きのことミンチ肉の山椒炊き込みご飯

小田 直子
小田 直子先生

鶏肉のうま味ときのこのうま味が出た簡単炊き込みご飯です。

<メニューの特徴>

  1. 鶏ミンチ肉を炊きこみに使う時は醤油、酒をミンチ肉にもみこんでから使ってみましょう。(臭みを感じません)
  2. 新ショウガの時期には炊き込みに入れてみましょう。
  3. 具材をこめ油で炒めてから米と一緒にたくことで、炊きこみご飯がとても美味しくなります。
  4. 仕上げのバター少々と山椒香味油が一味違う炊き込みに。。。

エネルギー:511Kcal
塩分:2.1g
調理時間:35分(浸水時間のぞく)

エネルギー・塩分は一人分

小田 直子
小田 直子

鶏肉のうま味ときのこのうま味が出た簡単炊き込みご飯です。

<メニューの特徴>

  1. 鶏ミンチ肉を炊きこみに使う時は醤油、酒をミンチ肉にもみこんでから使ってみましょう。(臭みを感じません)
  2. 新ショウガの時期には炊き込みに入れてみましょう。
  3. 具材をこめ油で炒めてから米と一緒にたくことで、炊きこみご飯がとても美味しくなります。
  4. 仕上げのバター少々と山椒香味油が一味違う炊き込みに。。。

エネルギー:511Kcal
塩分:2.1g
調理時間:35分(浸水時間のぞく)

エネルギー・塩分は一人分

材料(4人分)

鶏ミンチ肉150g
エノキタケ1パック
シメジ1パック
にんじん1/2本
新生姜せん切り 1片分
2合
こめ油大さじ2
出し汁360cc
鞘いんげん10本
バター 大さじ1
山椒香味油小さじ2
A
醤油大さじ1
大さじ1
B
醤油大さじ1
大さじ1
みりん大さじ1
少々

作り方

  1. 鶏肉にAをもみこむ。
  2. エノキタケは根元を切り落とし半分に切る。しめじは小房に分ける。ニンジンはあらみじん切りにする。
  3. こめ油大さじ2を熱し、1.2.を炒めBで味付ける。
  4. 米は洗米し、30分水につけざるで水気を取り、3.と出し汁を加え普通に炊く。
  5. 鞘いんげんは色よく茹で、ななめ細切りにし、ご飯が炊き上がったら山椒香味油.とバターとともに加えて混ぜる。

コツ・ポイント

  1. コーンの炊きこみご飯にもバターと醤油がよく合います。
  2. ウナギと梅干しも昔は食い合わせと言われていましたが、とても炊き込みごはんには相性がいいですよ。