山椒香味油を使ったレシピ

薬味で食べる夏のおでん

小田 直子
小田 直子先生

夏にはさっぱりとしたおでんを。。。。。

<メニューの特徴>

  1. 鶏骨付きを使ってうまみを。。。
  2. トマトの酸味が熱い夏にぴったり!
  3. 山椒は毒消しの作用があるので、抗酸化作用のあるこめ油といっしょに。(夏バテ防止)

エネルギー:508Kcal
塩分:2.8g
調理時間:20分

エネルギー・塩分は一人分

小田 直子
小田 直子

夏にはさっぱりとしたおでんを。。。。。

<メニューの特徴>

  1. 鶏骨付きを使ってうまみを。。。
  2. トマトの酸味が熱い夏にぴったり!
  3. 山椒は毒消しの作用があるので、抗酸化作用のあるこめ油といっしょに。(夏バテ防止)

エネルギー:508Kcal
塩分:2.8g
調理時間:20分

エネルギー・塩分は一人分

材料(4人分)

鶏手羽中肉400g
ベーコン巻白菜白菜 4枚+ベーコン 4枚
トマト(小)4個
じゃがいも(小)4個
厚揚げ2枚
むすびこんにゃく1パック
山椒香味油適量
おろししょうが1片分
みょうが小口切り適量
青ネギ小口切り適量
A
出し汁カップ5
大さじ3
醤油大さじ2
砂糖大さじ1
小さじ1/2

作り方

  1. 鶏肉、厚揚げは熱湯をかける。
  2. 白菜はさっとゆでくるっと巻き、ベーコンで上から巻き楊枝で止める。
  3. じゃがいもは皮をむく。
  4. トマトはヘタを取り、十文字の切込みを入れ湯むきする。
  5. Aと1.2.3..と結びこんにゃくを鍋に入れアクを取りながら中火で煮、柔らかくなったら4.も入れさっと煮る。
  6. 器に入れ好みの薬味をのせ、山椒香味油をかけて食べる。

コツ・ポイント

  1. ズッキーニ、とうもろこし、オクラなどもおでん種に。。。。
  2. 忙しくてだしが面倒な時はコンソメで。[湯2カップにつきコンソメ1個の割合]